【就活意識調査】19卒学生の半数以上が入社に「不安」

株式会社ライボ(本社:東京都渋谷区)は、2019年3月卒業予定の大学4年生を対象に、就職活動状況に関する調査を行いました。

昨年の経団連のスケジュール変更で、加盟する大手企業の就活は3月に採用広報活動がスタート、6月に選考が解禁となりました。今年はスケジュール変更がないため、前年と同じく3月からの超短期戦となるはずでしたが、実情はそうでもないようです。

19卒学生 就活終わっても「不安」

就活開始時期は、大学3年生の9月頃から

アンケートの結果、就活開始時期は「2017年~9月」と回答した人が41.1%、「2017年10~12月」が26.8%と、約7割の学生が2017年内に就職活動をスタートしていることがわかりました。

入社予定先で最も重視したことは「会社の雰囲気」

一方で、内定獲得後、入社予定先を決定する上で最も重視したこととして「会社の雰囲気」と回答した割合が最も大きくなりました。

 

また、62.2%の学生が就職先に対して不安に感じたことが「ある」と回答しており、「雰囲気」で会社を選んでいるがゆえ、「もっといい企業があるのではないか?」といった不安に繋がるケースもあるようです。

今回の調査では、就職活動の際利用していた求人サイト(マイナビ:83.9%、リクナビ:80.4%)に続いて口コミサイトの割合(みんなの就職活動日記:73.2%、就活会議:57.1%)が多く占めていることがわかっています。この結果から、今後就職活動をする学生にとっては、実際に働く場面でのより濃密な情報が重要になると言えそうです。

<調査概要>
調査内容:就職活動調査
調査対象:2019年度卒のJobQ登録会員
有効回答:56件
調査期間:2018年7月6日~7月9日
調査方法:Web上でのアンケート

記事:編集部

募集中!:主催イベント情報

「秩父JOBニュース!」を提供している『秩父地域雇用対策協議会』主催で募集している、イベント情報ページです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × 1 =