時間が足りない…その理由は?女性「子どもの世話」男性は「趣味」

この度、ココロの体力低下をしている日本人の心の状態を見える化し、脳科学者などの専門家や他社企業と共同でエビデンスに基づいてストレスと身体や肌を調査・研究している「オフラボ(株式会社メディプラス研究所運営)」が”時間の使い方とストレス”について調査しました。
この調査は、全国14万人(男女7万人ずつ)に同所が行った「ココロの体力測定2017」から、女性1,854人、男性412人(仕事に関係する質問は、有職者のみの回答割合)に行ったものです。

自分では”なぜ時間が足りないのか”、”何がストレスになっているのか”、なかなか気づく事が出来ないかもしれませんので、少しでも気づくきっかけになればと思います。

 

<男女別時間が足りない状況をつくっていること TOP20>

■ 女性は「子どもの世話」「家事」、男性は「趣味」「仕事」が上位に
ストレスに繋がる「時間が足りない」状況を作っていることについての質問では、女性の第1位は「子どもの世話」であったのに対し、男性は「趣味」と自分に関することであったことから、家事・育児に対する意識の違いが見られました。

「子どもの世話」「家事をする」は男性も上位ですが、家事育児に関することが女性は10位中6項目、男性は3項目(男性のその他7項目は「仕事」や「自分」)。
特に、言及されることの少ない「毎日の献立を考えること」は、女性にとって大きなストレスになる可能性がわかりました。

 

<高ストレス女性と低ストレス女性の時間の使い方(癖)TOP5>

■ 女性は「時間の計画性」がストレスレベルに影響
次に、女性のストレスレベル別で時間の使い方の傾向(癖)について聞きました。
高ストレス女性は「他人に頼むのが苦手」「10分休憩するつもりがいつのまにか……」など、頼み下手・断り下手の傾向に。また「TVや動画視聴で、時間を使ってしまう」といったデジタル消費も含め、時間の使い方にルールがない(ルールを決められない)ことがストレスレベルに影響しているようです。

一方、低ストレス女性は「予定を詰め込まない」「整理整頓を心がけている」「帰る時間を決めている」をはじめ、全体的に計画的な時間管理を心掛けている回答でした。

 

<低ストレス女性・高ストレス男性と比較、高ストレス女性が高い傾向を示した時間の使い方(癖)>■ 「計画性のある時間への意識」「選択肢を少なくする」で時間を上手く使える可能性が
高ストレス女性と低ストレス女性を比較し、より高ストレス女性が時間を使ってしまうことでも「集中力が落ちてきてもだらだらと続けてしまう」「オンとオフの切り替えが下手」と時間の計画性の低さが露見。
高ストレス男性との比較では、全般的に時間管理意識の低さが目立ち、また「服選びに毎日時間がかかる」ことが共に挙がっていることから、多数の選択肢があることもストレスに繋がっているようです。

 

【ココロの体力測定2017】
期間|2017年 2月28日~3月7日
対象|全国の20~69歳の男女各7万人(合計14万人)
方法|インターネット調査
項目|15問(ストレス度、セロトニン欠乏症度、ストレス要因、体の悩み、肌タイプ・悩みなど)
ストレス状態項目|厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して、点数化。集計したデータを、県・年齢を実際の人口でウエイト修正


ストレスは少しでも軽減させたいもの・・・。
低ストレスの人の時間の使い方を参考に、ご自身の心身を軽くする方法を模索してみてはいかがでしょうか。

募集中!:主催イベント情報

「秩父JOBニュース!」を提供している『秩父地域雇用対策協議会』主催で募集している、イベント情報ページです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 − twelve =